« KATO EF64入線 | トップページ | 水間鉄道へ その2 »

2011年1月30日 (日)

水間鉄道へ その1

大阪で生まれ育ちながら一度も乗ったことの無い在阪鉄道って結構あるものです。今回はそのひとつ、水間鉄道へ行ってきました。(仏間じゃないです、水間です

大阪の南部、貝塚市にある鉄道です。まずは南海電車 難波駅へ向かいます。難波駅から和歌山・関空方面の南海線と河内長野・高野山方面の高野線がありますが貝塚へは南海線で行きます。

Img_001

和歌山港行き特急サザンと向こうに関空特急ラピートが見えます。サザンには指定席と自由席があります。

Img_002 Img_003

ラピートが出発しました。

Img_004

関空急行に乗車します。

Img_005

約30分で貝塚駅に到着です。南海貝塚駅東側にある水間鉄道乗り場へ向かいます。

Img_006

水間鉄道 貝塚駅です。約20分に1本のペースで5.5㎞を15分で運行しています。もちろん単線です。

Img_007

初めて見るメーカーでしたので記念に撮りました。調べたら和歌山のメーカーさんでした。車ではなく車なんですね。

Img_008

電車が入ってきました。写真では分かりにくいかも知れませんが左の急カーブがすごいです。

Img_009

1000系電車(元 東京急行電鉄7000系)です。

Img_010

車内はワンマン化に改造されています。また、2009年からPiTaPa・ICOCA(ICカード)が利用できるようになりました。

Img_011

佐伯工業とは地元の会社?のようですが・・・

Img_012

Img_013

終着の水間観音駅です。運転手さんは折返し運転のため、反対側の運転席へ向かいます。

Img_014

国の登録有形文化財に登録されている水間観音駅舎です。でもよく見ると水間駅になっています。ICカードが導入された2009年に駅名は改称されたそうですが、看板はそのままになっています。このあと水間観音に参拝しました。

次回は水間観音を紹介します。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO EF64入線 | トップページ | 水間鉄道へ その2 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水間鉄道へ その1:

« KATO EF64入線 | トップページ | 水間鉄道へ その2 »