« どうする?日本国・・・ | トップページ | KATO DD54お召機にアクセントを »

2011年3月26日 (土)

交通科学博物館へ行って来ました。

さいたま市の鉄道博物館や名古屋でオープンしたリニア・鉄道館など新しい施設がありますが、大阪には歴史ある交通科学博物館(1962年開館)があります。今日は遠方まで行く時間(お金)が無かったので近場にしました。  

見栄はさておき、婿殿が休日出勤になったため、孫を連れて20年ぶりにやってきた交通科学博物館は昔と変わりありませんでした。

001

大人400円、こども100円とお手頃な入場料です。

002

まずは屋内から

003 004

005

0系も今は昔・・・

006

鉄道の発展は軍需と共に伸びたのでしょうか?

007 008

大阪環状線開業50周年記念特設会場です。大阪環状線のジオラマもあります。

009

パンタグラフの上げ下げ、ドアの開閉ができます。

010

011

羨ましい広さのレイアウトですね。

012 013

すごい数のナンバープレートですね。

014

015

懐かしい名前が勢揃いです。

016

実車以外にも大型の模型が展示されています。

017 018 019

次に屋外展示です。3枚窓の独特の顔が好きで晩年の山陽本線で何度か乗りました。

020 021

さすがに乗ったことはありません。  

022

023

「くろしお」さんは天王寺駅でよく見ました。

030

最近では目つきの悪いヤツが、「くろしお」さんのあとに居座っています。    

024 025 026

ちっちゃいSLが元気良く走っています。

027

今日は孫たちより私が楽しんだみたいです。

028 029

唯一保存されているDD54-33がお見送りしてくれました。なんだか寂しそうです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« どうする?日本国・・・ | トップページ | KATO DD54お召機にアクセントを »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通科学博物館へ行って来ました。:

« どうする?日本国・・・ | トップページ | KATO DD54お召機にアクセントを »