« KATO EF58 後期形(再生産)入線 | トップページ | ボルタ判カメラ »

2011年8月23日 (火)

私の駅撮り原点

今日は私にとって記念すべき懐かしい写真が出てきましたので貼らせていただきました。

14_017

場所は国鉄 天王寺駅、左の背広の男性が肩から提げているJALのショルダーバックが時代を物語っているでしょう。   いやいや、そうじゃなくってSLでした。

14_018 14_019

私が初めて駅撮りした記念すべき写真です。D51-940による鉄道100年記念のイベント列車「D51太閤号」です。ヘッドマークの日付が昭和47年10月8日(1972年、私が13歳の時です。)になっています。

14_020

14_021

待ち構えていた場所が丁度、先頭で駅撮り初めての私は興奮して同じアングルでしか撮影していませんでした。  

14_022

このD51はデフに「かもめ」が装飾されているのが特長でした。

14_023

14_024

14_025

結局、駅撮りデビューはヘッドマークとデフしか撮れていませんでした。でも私にとっては忘れることの出来ない想い出になっています。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO EF58 後期形(再生産)入線 | トップページ | ボルタ判カメラ »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の駅撮り原点:

« KATO EF58 後期形(再生産)入線 | トップページ | ボルタ判カメラ »