« KATO DD51+セキ6000 part2 | トップページ | DE10+チキ7000形 »

2011年8月15日 (月)

山陽本線 須磨

今回は国鉄 山陽本線 須磨で撮影した写真を載せたいと思います。国鉄 須磨駅から西へ数百㍍のところ、一ノ谷辺りで撮影の人気スポットでした。

24_005

京都行き 普通(103系) 白黒で色がわかりませんが当時の東海道・山陽線の103系は青色です。また、冷房車はまだ100%普及しておらず、非冷房車と混在していました。

24_019

これは行き先ではなく「普通」と種別になっています。まだ冷房化されていませんので窓が開けられています。

24_021

高槻行き

24_029 24_030

西明石行き

24_022

右端の建物は山からベルトコンベアで運ばれた埋め立て用土砂を運搬船に載せる桟橋です。現在は撤去されてありません。

24_018

24_027

山側には山陽電鉄が走っています。ベルトコンベアが山に向かっています。

24_023 24_024

国道2号線です。

24_015

正面は神戸市立勤労会館 海の家です。

Photo

Google マップでの最近の映像をご覧ください。神戸市立勤労会館 海の家は須磨一ノ谷プラザに変わっています。またベルトコンベアも撤去されています。


大きな地図で見る

すべて1974年初夏に撮影したものです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO DD51+セキ6000 part2 | トップページ | DE10+チキ7000形 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陽本線 須磨:

« KATO DD51+セキ6000 part2 | トップページ | DE10+チキ7000形 »