« 五新線 | トップページ | KATO DD51+セキ6000 »

2011年8月 7日 (日)

五新線 続き

昨日の続きです。

06_023

次の城戸行きのバスを待っていると下校途中の小学生たちが現れました。ここは一般車が入ってこないので安心ですね。

06_025

気がつくとおじいさんも・・・

06_028

バス待ちの皆さんです。もうすぐバスが来るのでしょうか?

06_029

トンネルの中にヘッドライトが見えます。

06_032

06_033

城戸行きのバスが到着しました。

06_034

国鉄バスは民営化でJRバスとなりその後、奈良交通が路線を継承しているそうです。


大きな地図で見る

五新線は上の地図からもお分かりいただけると思いますが五條(A)から新宮(B)まで山間部をほぼ一直線に下りてくる路線です。(国道168号線を参考にしました。) この辺りは吉野杉が有名で木材の鉄道輸送の構想で計画された路線だそうです。当時、大阪から南へ路線を延ばしていた近鉄(吉野線 吉野口駅)や南海(高野線 橋本駅)も国鉄 和歌山線経由での乗り入れを狙っていたそうです。しかし、実現することはありませんでした。

今回の写真ですが私の悪い癖で記録を取っていませんでしたので詳しい撮影日などが分かりませんが1978年前後の撮影だったと思います。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 五新線 | トップページ | KATO DD51+セキ6000 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五新線 続き:

« 五新線 | トップページ | KATO DD51+セキ6000 »