« 近鉄 南大阪線 (1977年 その2) | トップページ | 城東貨物線 EF66-130 »

2011年9月 8日 (木)

近鉄 南大阪線 (1977年 最終)

近鉄 南大阪線 1977年シリーズ最後の写真は大阪 阿部野橋駅です。

02_010

少し暗いですが、大阪 阿部野橋駅です。現在は駅ビル(近鉄百貨店)工事で改札口が東側(画面奥)へ約30㍍移動して新しくなっています。

02_011

1番のりばから6番のりばまであります。この後姿の人は私の友人T君ですが、ヘアスタイルと着こなしから昭和全盛時代がお分かりいただけると思います。

02_012

天井の真ん中に長方形の目隠し板がはめ込まれていますが、夏になるとはずされラインデリア(通風装置)が現れます。扇風機からこのラインデリアに変わりましたが、夏はやっぱり暑かったです。

02_028

藤井寺球場で野球の試合があるときは「バッファローズ号」が走りました。今は藤井寺球場も近鉄バッファローズ(パ・リーグ球団)もありません。球団が無くなったときは地元民として残念無念でした。  

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 近鉄 南大阪線 (1977年 その2) | トップページ | 城東貨物線 EF66-130 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

平成までは夏場に近鉄電車に乗るとあたりはずれがあって、運が良ければ冷房車でした。

投稿: 準急停車駅 | 2016年8月 7日 (日) 15時57分

準急停車駅さん
こんばんはー、
現在では冷房はあたりまえですね。

冷房化されていないのは、公立の学校だけではないでしょうか・・・。

投稿: ヒゲオヤジ | 2016年8月 7日 (日) 21時07分

この画像配信の近鉄大阪阿部野橋駅は改修工事の前です、

投稿: 巽孝一盧 | 2020年11月13日 (金) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄 南大阪線 (1977年 最終):

« 近鉄 南大阪線 (1977年 その2) | トップページ | 城東貨物線 EF66-130 »