« KATO EF66 後期形入線 | トップページ | KATO 24系25形 寝台特急「富士」 試運転 »

2011年9月21日 (水)

竜華 続き

ボルタ判で撮影した続きです。

14_004

スロ51でしょうか? 記録がありません。m(_ _)m

14_008

扇型機関庫と転車台です。見事に手ブレしています。

14_009

14_011

DD51-827でしょうか? 読み取りづらいです。

14_012

これも写りが悪いですが非常に珍しい車両です。冬期の客車へ暖房用スチームを供給するスヌ31です。石炭式ボイラが搭載されており、専任のボイラーマンが乗車しています。阪和線で使用されていました。

14_014

14_015

デフが特長的なD51-499です。三重県で静態保存されているらしいです。子供の頃の竜華はSL・DL・ELと機関車宝庫で飽きることはありませんでした。(1972年撮影)

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO EF66 後期形入線 | トップページ | KATO 24系25形 寝台特急「富士」 試運転 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竜華 続き:

« KATO EF66 後期形入線 | トップページ | KATO 24系25形 寝台特急「富士」 試運転 »