« 国鉄 新大阪駅 | トップページ | EF15-120 »

2011年11月10日 (木)

EF52-7

今回の銀塩時代は阪和貨物線を紹介します。

阪和貨物線は関西本線 八尾駅から阪和線 杉本町駅に至る単線の貨物線でした。

30_003

この撮影場所は大阪市平野区瓜破東辺りです。警報機も遮断機もない小さな踏切の先で子供たちが遊んでいます。そこへEF52-7が牽く貨物列車がゆっくりと通過していきます。何とも長閑な光景ですが、現在なら大きな問題になっているでしょう。

実は私も小学校低学年までこの近くに住んでいました。(当時は東住吉区でした。)線路には柵も無く、広っぱの真ん中に線路があるといったイメージでした。

30_004

目の前を車輪が通り過ぎていきます。

30_005

あちこちに子供たちの姿が見えます。(1974年撮影)

☆良い子は絶対線路で遊ばないでね。

(続く) 

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 国鉄 新大阪駅 | トップページ | EF15-120 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF52-7:

« 国鉄 新大阪駅 | トップページ | EF15-120 »