« 城東貨物線 EF210-118 | トップページ | 東京出張 »

2011年12月14日 (水)

変わりネタ

本日は、ちょっと「変わりネタ」を紹介します。

道路を歩いていると地面に打ち込まれた土地の境界線を示す境界標を見ることがあります。

Img_7047

これは線路際の道にあったものです。この矢印までが近鉄さんの土地なのでしょう。

Img_7046

上の場所より数十㍍のところには近鉄のマーク入りのコンクリート製の境界標がありました。一般的にコンクリート面やアスファルト面には金属製、土の地面にはコンクリート製杭が使われるそうです。杭が打たれた頃、道は舗装されていなかったのでしょう。

Img_7045

更に数㍍離れたところに「大」の文字が書かれた境界標があります。これは戦前の「大鉄」こと大阪鉄道の「大」だそうです。「大鉄」の名前が消えたのは約70年前ですから歴史を感じます。(近鉄 南大阪線 恵我之荘-高鷲間) この情報は馴染みの模型屋のオヤジから教えてもらいました。

Img_7175

場所は変わりまして阪急沿線でも見つけました。

Img_7176

この上には城東貨物線が通っています。

Img_7177

これはまだ新しそうです。(阪急 京都線 淡路-上新庄間)

本日もご乗車ありがとうございます。

追伸:明日より日曜日まで東京出張のため運休させていただきます。

| |

« 城東貨物線 EF210-118 | トップページ | 東京出張 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わりネタ:

« 城東貨物線 EF210-118 | トップページ | 東京出張 »