« 天王寺駅 阪和線 (その3) | トップページ | マイクロエース マヤ34入線 »

2012年1月21日 (土)

東京・日本橋

以前も書きましたが私が勤める会社の東京の事務所は茅場町なので羽田空港から京急・都営浅草線で日本橋まで乗り換えなしで来られます。日本橋からは永代通りをまっすぐ茅場町へ向かいます。

Img_7656

今回は今まで通ったことの無い裏路地に入ってみました。最初に見つけたのはビルの谷間にあった「智泉院」(ちせんいん)というお寺でした。

Img_7659

ご本尊は薬師如来で通称「茅場町薬師」と呼ばれていると書かれています。

Img_7657

手前左右の手水鉢は江戸時代のもので、像は関東大震災で亡くなられた方々の供養として昭和の初めに建てられたそうです。

Img_7663

「智泉院」の隣には「日枝神社」がありました。赤坂日枝神社の摂社とありました。

Img_7661

Img_7664

周りはビルです。

Img_7667

立派な鳥居です。この写真を見る限りここが茅場町とは分かりませんね。

Img_7668

永代通りに出てくるとこの角に小さな石碑がありました。

Img_7670

俳人 宝井(榎本)其角(松尾芭蕉の弟子)の居住跡と書いてあります。

Img_7671

昭和45年に建立されたものでした。

東海道五十三次の出発点、お江戸日本橋は昔も賑やかな街だったのでしょう。

さてさて、あまりのんびりしていると遅刻するので急いで事務所へ向かいます。  

Img_7675

霊岸橋の上から見た水門です。

Img_7676

Img_7677

寒かったですが、いいお天気で何より・・・

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 天王寺駅 阪和線 (その3) | トップページ | マイクロエース マヤ34入線 »

出張・旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京・日本橋:

« 天王寺駅 阪和線 (その3) | トップページ | マイクロエース マヤ34入線 »