« 追分機関区(2) | トップページ | TOMIX マニ50窓保護棒 »

2012年3月 8日 (木)

追分機関区(3)

01_008

D51-60 通称「ナメクジ」です。一般的にD51(デゴイチ)は蒸気機関車の代名詞のように使われていましたが、マニアのあいだでは初期形を「ナメクジ」と呼んでいました。

01_009

撮影は夏でしたが、北海道の機関車らしくスノープロウがかっこいいですね。

01_010

バックで戻ってきたところです。

01_011

本線から機関区へバックで進んでいきます。

機関車左に見える煙突群は扇型機関庫ですが撮影の翌年、火災で焼失し多くの機関車も被害に遭ったそうです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 追分機関区(2) | トップページ | TOMIX マニ50窓保護棒 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追分機関区(3):

« 追分機関区(2) | トップページ | TOMIX マニ50窓保護棒 »