« 特急「まつかぜ」 | トップページ | KATO 14系 寝台特急「さくら」 »

2012年5月15日 (火)

阪和線 クハ111

03_011

阪和線 山中渓を走る湘南色111系6両です。すでに阪和線色新快速は冷房化されていましたが、この列車は非冷房で運転席上の通風器とグローブ型ベンチレーターがついているのが特長です。この年の関西線電化に伴い、関西線色に塗り替えられる前ではと思います。またヘッドマークが閉じられていますが、大阪環状線直通のヘッドマークではないでしょうか?このような運用は当時、関西線の電車はすべて鳳電車区に所属していたためです。(1973年撮影)

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 特急「まつかぜ」 | トップページ | KATO 14系 寝台特急「さくら」 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪和線 クハ111:

« 特急「まつかぜ」 | トップページ | KATO 14系 寝台特急「さくら」 »