« 近鉄 南大阪線 8両特急 | トップページ | ついてない末息子 »

2013年1月 8日 (火)

KATO EF510 500 碍子交換

先日入線したEF510-501ですが、KATOのキャッチコピーのひとつが「工場出場直後の白色碍子を的確に再現」です。

Img_4502

裏を返せば今の実車は緑色碍子ということですね。KATOのホームページを見ても「北斗星色」だけが白色碍子です。

Img_4503

そこで白色碍子を緑色碍子に交換するため、RHの緑色碍子セットを購入しました。

Img_4504

屋根を外しますので壊れやすいパンタグラフを先に外しました。

Img_4505

次に車体と動力ユニットを外します。

Img_4506

金属線をピンセットなどで丁寧に外します。緑色碍子セットには金属線が入っていますが、もったいないのでセットの分は残し、外した分を再利用します。

Img_4509

車体から屋根部分を外すと碍子パーツが見えます。

Img_4510

すべて外します。外した碍子は配置されていたとおり並べておけば、どこに戻すのか分かりやすいと思います。

Img_4511

交換する緑色碍子です。

Img_4512

緑色碍子を取り付けます。

Img_4513

車体に屋根を取り付けます。このとき屋根の方向を間違えないように注意します。

Img_4514

元の金属線を取り付けます。ピンセットなどで強く摘まんで変に曲げないように注意します。

Img_4515

パンタグラフを取り付けて完成です。

Img_4502_2

Img_4516

如何でしょうか? ほんの気持ち程度ですがよくなったような気がします・・・  

改造等は自己責任でお願いします。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 近鉄 南大阪線 8両特急 | トップページ | ついてない末息子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO EF510 500 碍子交換:

« 近鉄 南大阪線 8両特急 | トップページ | ついてない末息子 »