« KATO DF50 四国形 入線 | トップページ | TOMIX 国鉄貨車 ワム50000形 入線 »

2013年1月27日 (日)

TOMIX 国鉄ディーゼルカー キハ23形 入線

福岡の出張もやっと終わり帰ってきました。寒かったです。今回の出張は比較的時間に余裕があったので市中や博多駅で撮った写真がありますが、留守中に届いたN製品を先に紹介したいと思いますので、福岡の写真は後日紹介します。

本日はTOMIX 国鉄ディーゼルカー キハ23形(T)のみが入線しました。

Img_4718

国鉄の気動車の中でキハ45系に属するキハ23形は両運転台となっています。

Img_4720

ところで今回は何故このキハ23(T)1両かといいますと、やはりお値段ですね。セコイですが、いちばん安い(T)にさせていただきました。  

Img_4722

付属品です。左のオレンジの板はタイフォンです。上のシールは車番インレタになります。

Img_4726

タイフォンはAとBの2種類から選びます。それぞれ左右の区別がありますので要注意です。(取説から)

Img_4724

真ん中から左がBタイプ、右がAタイプになります。

Img_4725

次に前面種別幕です。きれいに印刷されています。

Img_4727

さすがHGだけあります。作りが細かいですね。

Img_4728

排障器を取り付けるため台車をはずします。集電スプリングを紛失しないように注意します。

Img_4730

Img_4729

台車の2穴に差し込むだけです。

Img_4731

矢印が取り付けた排障器です。

Img_4732

次に幌枠を付けるために車体をはずします。

Img_4734

下側から幌枠を差し込みます。

Img_4733

こんな感じになります。

Img_4736

だいぶ出来上がってきました。

Img_4737

そしてKATOの気動車と連結するため、カプラーの加工です。点線部分を切り取ります。

Img_4738

このような感じです。ではKATOの車輌とご対面!

Img_4739

毎度のことですが、カプラーの大きさの違いは仕方ありません。

Img_4740

連結すれば「問題なし!」・・・と、させてください。   先頭車としてKATO動力車に後ろ押しされれば連結が開放することは少ないでしょう。

Img_4741

最後の最後はインレタです。でもTOMIXのインレタってGMよりずっと失敗が少ない気がします。

Img_4742

なんとか無事?出来上がりました。  

Img_4743

こうやって見れば細部に亘り良く出来ています。

Img_4747

でも編成を組んでより多くの車輌を揃えたいのならば、やはり価格はKATO級でないと手が出ません。KATOさん、製品化しませんか?

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO DF50 四国形 入線 | トップページ | TOMIX 国鉄貨車 ワム50000形 入線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX 国鉄ディーゼルカー キハ23形 入線:

« KATO DF50 四国形 入線 | トップページ | TOMIX 国鉄貨車 ワム50000形 入線 »