« お知らせ | トップページ | KATO EF65 500 (F形) 増備 »

2013年4月21日 (日)

KATO 153系(高運転台)7両セット 増備

KATO 153系(高運転台)7両セットを増備しました。

Img_5424

値下げを「待った甲斐あり!」でゲットしたのですが、2両増結セットの在庫がありません。

Img_5425

何とかネットで探し出して2軒のお店でゲットできました。

Img_5426

これで11両は確保できました。  

Img_5427

取り付けパーツは信号炎管だけです。あとはヘッドマーク台座とシールがついています。

Img_5429

信号炎管を取り付けます。

Img_5431

これで完成です。

Img_5432

これだけでは寂しいので先頭車両の台車を増結用台車(TR58カプラー長)と交換します。

Img_5433

まず増結用台車のアーノルドカプラーをKATOカプラー密連形と交換します。

Img_5434

Img_5435

アーノルドカプラーを矢印の方向に回してはずします。(昨日のキハ47と同様です。)

Img_5439

カプラーポケットにKATOカプラー密連形を取り付けます。

Img_5436

KATOカプラー密連形を矢印の方向に回します。

Img_5437

これで出来上がりです。

Img_5440

Img_5441

次にクハの前寄りの台車とダミーカプラーをはずします。

Img_5442

ダミーカプラーとスカートを分離します。

Img_5443

スカートを増結用台車に取り付けてから、車体に戻します。

Img_5444

これで完了です。

Img_5447

種別は「急行」シールを貼りました。電球色のヘッドライト(LED)がいい感じです。

Img_5451

子供の頃はこのような長編成の急行列車がよく見られました。

Img_5465a

結局編成は7両+2両+2両の11両編成に余剰になっていたサロ165-112(帯なし)とサハシ165-53を加えて13両編成としました。仏間鉄道オリジナル編成の完成です。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« お知らせ | トップページ | KATO EF65 500 (F形) 増備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO 153系(高運転台)7両セット 増備:

« お知らせ | トップページ | KATO EF65 500 (F形) 増備 »