« 城東貨物線 EF210-119 | トップページ | KATO ED73 1000番台 増備 »

2013年4月25日 (木)

TOMIX クム80000形 入線

本題に入る前に「KATO EF65 500 (F形) 増備」で重要なコメント(情報)をいただきました。今回のツララ切りの色違いはメーカー(KATO)のエラーだったそうです。(笑いました。)

それでは本題でもっと笑われたいと思います。(恥ずかしい~   )

Img_5478

TOMIXのクム80000形が入線しました。

Img_5479

トラックが2台付いています。シールは私が一番苦手とするデカール(ウォータースライドタイプ)です。

Img_5480

基本中の基本ですが、1枚ずつカットしてから水に浸けます。

Img_5482

数十秒で台紙から浮いてきますので貼り付ける場所にスライドしていきます。って、説明書には書いていますが、必ずといっていいほどシールを割ってしまいます。

Img_5483

分かりますか? 両方とも「ガ」の部分で割れてしまいました。(黄と青ライン)

Img_5484

大きなデカール(トラック用)は何とか貼りましたが、問題は車輌の細部です。ご覧のように玉砕です。やっちまったなー (=´Д`=)ゞ

Kumu

敗因は上の図のように事前に文字ギリギリでカットするべきでした。デカールが乾燥してから不要部をナイフでカットしようと思っていましたが、その前に乾燥しだしたらカーリングしはじめご覧のとおりです。

Img_5491

何とか付いたのは「FL」マークのみです。(トホホ・・・)

Img_5488

Img_5489

可動式渡り板です。でも1両じゃ意味無いかもしれません。

Img_5494

とりあえず、これにて完成ということで・・・  

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 城東貨物線 EF210-119 | トップページ | KATO ED73 1000番台 増備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KATO EF65F型 ひさしがクリーム色で間違いのためリコール回収とKATOから連絡ありました。

投稿: ヒロ | 2013年4月25日 (木) 00時11分

ヒロさん
情報提供ありがとうございます。
早々に手配しようと思っています。

投稿: ヒゲオヤジ | 2013年4月25日 (木) 06時13分

”スライド転写マーク”デカールの貼り方は難しくありませんが、ちょっとしたコツが要ります。
要点は、
①貼る箇所をきれいにして、切り抜いたデカールをぬるま湯に浸す。
②(湿らしたスポンジの上に置いて)水分が全体に浸透するのを待つ。
デカールが台紙の上で自由に動くようになればOK。
③そのまま台紙ごと貼る箇所に持っていき滑らせる。
④乾くまでには間があるので、爪楊枝の先で位置決めをしてから綿棒等で気泡を抜いて密着させる。
⑤作業の途中で乾いてきたのならば、爪楊枝の先を水に浸けて水分を補給してやる。
⑥完全に乾燥するのを待ってから、はみ出した糊分を湿らした綿棒で除去する。

以上ですが、凹凸のある面に貼りたい時は”マークソフター”を使うといいかも。
(これはデカールを柔らかくして伸びさせるもので歪む恐れがありますが…。)

これで、苦手意識から抜けれればよろしいのですけれど・・・。(゚ー゚;

投稿: じゅげむ | 2013年9月29日 (日) 02時32分

じゅげむさん
おはようございます、
ご丁寧なアドバイスありがとうございます。
デカール恐怖症はもう40数年前のプラモデル時代から始まります。
先日もチャレンジのつもりでB777のプラモを買いましたが、デカールで撃沈しました。
まだまだ、修行が足りません。

投稿: ヒゲオヤジ | 2013年9月29日 (日) 08時41分

>必ずといっていいほどシールを割ってしまいます

 原因として考えられるのは、デカール全体に充分に水が浸透しないうちにスライドさせてしまうからではないでしょうか? 
 特に大きなデカールの場合は全体が潤うまで待たなくてはなりません。潤ったかどうかは台紙の裏側を見ればわかりますょ。 
まだ充分でない場合は、ところどころが白っぽくみえます。
 また、特に寒い時期には冷水は禁物です。ぬるま湯がいいですよ。
 
 もうひとつ気になったのは、たっぷりの水に浮かべている画像です。
まさか、このままデカールが潤うのを待ってはいないでしょうね?
水に浸けっぱなしにすると必要な糊分が流れ出てしまうおそれがあります。
10秒程度水に浸けたら引き上げて、充分に湿らしたスポンジの上で
水が浸透するのを待ちます。

 位置決めは焦ることはありません。乾いてきたならスポイトで水を1滴たらせば動きます。うまくいくまで何度でも繰り返せます。
(ただし、繰り返すと糊が薄まってくるので、台紙に残っている糊分を爪楊枝の先でからめ取って補給してやります。)

以上、私の拙い経験から申し上げました。
ご成功をお祈りいたします。(*^.^*)

投稿: じゅげむ | 2013年9月29日 (日) 16時10分

じゅげむさん
アドバイスありがとうございます。
失敗を恐れず、アドバイスをいかして再度チャレンジしてみます。

投稿: ヒゲオヤジ | 2013年9月29日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX クム80000形 入線:

« 城東貨物線 EF210-119 | トップページ | KATO ED73 1000番台 増備 »