« 城東貨物線 EF210-105 | トップページ | 城東貨物線 EF66-133 »

2013年6月 2日 (日)

181系 「とき」 比較

先日入線したKATO 181系100番台「とき」へ室内灯を付ける前にマイクロエースの181系「とき」と比較してみました。

Img_5754

左がマイクロエース製(以下MA)、右がKATO製です。MA製はバックミラーを取り付けていません。ヘッドマーク、前照灯はKATOの方が断然明るいです。

Img_5757

こうして見るとMAの電飾は極端に暗いです。横軽対策で自連やスカートの違いはありますが、顔は前から見ると別人のようです。

Img_5759

ボンネットの幅、前照灯の形状、車高、ヘッドマーク、赤ひげの幅など探せば限が無いほど違いが出てきます。さてどちらがより実車に似ているのでしょう?   そういえばMAのヘッドマークはシールでした。(ひどい作りでした。)

Img_5758

斜め上から。MAのほうが、かなりスリムです。ボディーカラーもKATOより若干薄めで運転席屋根部分のシルバー色は粒子が粗いみたいです。

Img_5762

車長は、ほぼ同じです。

Img_5763

グレーの屋根がMAです。安っぽい感じが・・・

Img_5764

比較のつもりだったのですが、どうしてもMA製品にケチがついてしまいます。いつも何故そうなるのか考えたました。その結果、やはりコストパフォーマンスですね。

MAが12両編成 ¥36,855. (税込定価)

KATOが12両編成 ¥30,240. (税込定価)

「この価格でこの出来。」

分かっていても希少性でMA製品を買ってしまうのは、私だけでしょうか?  

Img_5757a

交通科学博物館の「こだま」をメジャーとしてみました。さて、皆さんの軍配は?

※「かもめ」になった「とき」はこちら

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 城東貨物線 EF210-105 | トップページ | 城東貨物線 EF66-133 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 181系 「とき」 比較:

« 城東貨物線 EF210-105 | トップページ | 城東貨物線 EF66-133 »