« KATO タキ35000 日本石油輸送色 入線 | トップページ | 城東貨物線 EF66-126 »

2013年6月17日 (月)

鉄道模型の保管見直し

以前も書きましたが、仏間鉄道では鉄道模型をコンテナに収納しています。

Img_5912

しかし、このコンテナの上げ下げが結構腰にきます。椎間板ヘルニア持ちの私としては辛いところです。(ちなみに左が仏間鉄道の由来の仏壇です

Img_5916

そこで今回は思い切って装いを変えてみました。ホームセンターに売っている押入れ用衣装ケースを採用してみました。

Img_5917

こんな感じです。ケース1つに車輌ケース20~23冊収納可能です。ただ、大きな問題が強度です。元々衣装用なので耐久性が心配です。とは言ってもコンテナよりはかなり楽です。しばらくはこれで様子を見ながらいきたいと思っています。  

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO タキ35000 日本石油輸送色 入線 | トップページ | 城東貨物線 EF66-126 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型の保管見直し:

« KATO タキ35000 日本石油輸送色 入線 | トップページ | 城東貨物線 EF66-126 »