« 城東貨物線 EF81-718 | トップページ | KATO DE10 耐寒形 入線 »

2013年8月21日 (水)

KATO レムフ10000

以前に衝動買いしたレムフ10000の処遇を今になってどうするか考えてみました。

Img_5947

基本、レサ10000がなければ意味がありません。しかし、現在は単品販売されていませんので、なんとか「とびうお・ぎんりん」のセットに組み込んでみました。

Img_5948

Img_5950

パッと見た感は悪くは無いのですが・・・

Img_5951

比較すると一目瞭然ですね。しかも光モノもありません。

Img_5946

そこで機関車とレサ10000(アーノルドカプラー側)の間に入れてみました。

Img_5952

さすがにみっともないです。

Img_5953

それではカプラーの交換・・・

Img_5954

Img_5955

これで間隔は同じです。

編成の両サイドにレムフ1000を入れ、このレムフを機関車側固定とした、またまた仏間鉄道オリジナル編成にしました。

在庫処分品を買うのもいいですが、こういった単品は使い道に困りますね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 城東貨物線 EF81-718 | トップページ | KATO DE10 耐寒形 入線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO レムフ10000:

« 城東貨物線 EF81-718 | トップページ | KATO DE10 耐寒形 入線 »