« 近鉄 50000系「しまかぜ」 | トップページ | 城東貨物線 EF81-718 »

2013年8月19日 (月)

KATO スニ41 2000 室内灯取り付け

Img_6549

KATO スニ41 2000 に室内灯を取り付けてみました。

Img_6552

KATO純正品ではなく、在庫のパーツを使います。

Img_6553

CRD、LED、ブリッジとクハなどに使ったKATO室内灯クリアの導光板の不要な部分を用意しました。

Img_6550

まずは車体をはずします。

Img_6554

LEDの加工です。導光板をヤスリでLEDのサイズに削ります。

Img_6555

LEDを瞬間接着剤で固定します。

Img_6556

次に集電板の作製です。銅製の導電性テープを45㎜ほど切ります。

Img_6557

さらに幅2㎜にカットします。

Img_6558

床をはずします。

Img_6559

集電板に導電性テープを写真のように貼り付けます。

Img_6560

導電性テープに単芯線を注意して,はんだ付けします。

Img_6561

ブリッジダイオードの交流側(~)にコードをはんだ付けします。荷物室部分が広く使えますのでパーツの配置を考えなくてもいいので助かります。

Img_6563

LEDの極性を間違わないようにブリッジダイオードとはんだ付けします。これで完成です。

Img_6564

車体を取り付ける前に点灯確認です。明るいですねー。

Img_6565

Img_6566

ちょっと明るすぎかも・・・でもいい感じに出来ました。(自己満足   ) 

自作室内灯を作られる時は、すべて自己責任でお願いします。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 近鉄 50000系「しまかぜ」 | トップページ | 城東貨物線 EF81-718 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO スニ41 2000 室内灯取り付け:

« 近鉄 50000系「しまかぜ」 | トップページ | 城東貨物線 EF81-718 »