« D51とセキ3000 | トップページ | KATO スハフ12、オハフ13のLED化 »

2013年10月17日 (木)

KATO スハフ14、オハフ15のLED化

Img_6901

「はまなす」(左)入線時に従来車(右)との比較をしたついでに従来車のトレインマークとテールライトの麦球をLED化しました。

Img_6930

車体をはずします。

Img_6931

Img_6932

ライトユニットは点灯式トレインマーク変換装置とテールライトが兼用になっています。

Img_6933

Img_6934

ライトユニットをはずします。スイッチングダイオードは逆バイアス時のLED保護になりますのでそのままにします。

Img_6935

チップ抵抗が入れやすそうなところをカッターで切れ込みを入れます。

Img_6936

銅のプリント部をはずします。

Img_6937

チップ抵抗560Ωを半田付けします。

Img_6938

麦球をはずします。

Img_6939

角形LEDを半田付けします。(極性に注意!)

Img_6940

トレインマーク変換装置を取り付けます。

Img_6941

点灯確認。(明るくて分かりづらいですね)

Img_6943

ついでに室内灯クリアも取り付けました。

Img_6944

LEDの魅力は電圧変動しても、ほぼ安定した明るさがいいですね。

※改造等は自己責任でお願いします。 m(_ _)m 

勢い余って12系客車もLED化しましたので次回紹介します。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« D51とセキ3000 | トップページ | KATO スハフ12、オハフ13のLED化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちゎ。
またまた役に立つ記事をありがとうございます。
工程の詳しい写真、とても参考になりました。
ありがとうございました(^^)

投稿: 隠密 | 2013年10月18日 (金) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO スハフ14、オハフ15のLED化:

« D51とセキ3000 | トップページ | KATO スハフ12、オハフ13のLED化 »