« 続・のんびり乗り鉄(2) | トップページ | D51とセキ3000 »

2013年10月15日 (火)

続・のんびり乗り鉄(3)

今回がシリーズ最後になります。

駅前で昼食を済ませたあとD51が保存されている舟戸児童公園へ向かいます。

Img_6191

JR王寺駅東にある近鉄 田原本線(たわらもとせん) 新王寺駅を東へ進みます。ちなみにこのJR王寺駅にはこの近鉄 新王寺駅と西側に近鉄 生駒線 王寺駅がありますが、お互いの線路は繋がっていません。

Img_6205

Img_6210

歩くこと10分弱、近鉄 田原本線とJR大和路線の間を国道25線から入ります。

Img_6209

石炭のないテンダーには梯子が・・・

Img_6208

よく見ると木製です。

Img_6215

全体です。屋根がある分、保存状態は悪くないと思いますが・・・

Img_6217

Img_6216

あえてガラス類は外されているのでしょうか?

Img_6206

休日にも関わらず誰もいませんでした。


大きな地図で見る

地図を貼っておきます。

Img_6223

それでは帰路につきます。

Img_6224

ホームから懐かしい電車が見えました。

Img_6226

電化前、国鉄時代の王寺駅は奈良・和歌山へ向かう要所でした

Img_6227

駅前は整備され、すっかり変わっていましたがホームには昔の面影が残っていました。

Img_6234

王寺駅で折り返しの15:05発 JR難波行きで帰路につきました。

大阪近郊区間をうまく使えばお手頃な運賃で乗り鉄が楽しめます。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 続・のんびり乗り鉄(2) | トップページ | D51とセキ3000 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ここにもD51があったのですねぇ。
なんか埃を被っているみたいで寂しげですが、スクラップにならずに済んでいるので、これはこれでいいのでしょう。
実は尼崎の大物公園にもD518が展示されてます。(ナメクジ型)
こちらは屋根はなくて、周りを金網フェンスで囲われていますが、
定期的に清掃されているようで艶があります。
毎月第三日曜日(7〜11月)に解放されているそうですよ。

こうした野外展示のSLは各地で見受けられますよね。
いわば、運良く廃車を免れて余生を過ごしているといったところでしょうか。
できればすべて動態保存してほしいものですね。( ^ω^ )

投稿: じゅげむ | 2013年10月15日 (火) 23時51分

じゅげむさん
こんばんは、
機関車が保存されているところによっては地域の方々が手入れされているそうですね。

じゅげむさんがおっしゃるとおり末永く動態保存をして機関士さんの技術を伝承して欲しいものです。

ちなみに日本で唯一SLのボイラ修復している会社が大阪にあります。
株式会社 サッパボイラ
http://www.sappaboiler.co.jp/index.htm

投稿: ヒゲオヤジ | 2013年10月16日 (水) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・のんびり乗り鉄(3):

« 続・のんびり乗り鉄(2) | トップページ | D51とセキ3000 »