« 北海道旅行 | トップページ | KATO ヨ3500(信越タイプ)入線 »

2014年2月 6日 (木)

神崎川 EF210-170、EF81-715

今日は本題に入る前にお知らせです。

色々お世話になっています信濃国の隠密さんのブログ「隠密無芸帳2」で城東貨物線 神崎川橋梁が紹介されています。

特長を捉えた最高の出来だと思いますので是非是非ご覧ください。    

それではいつもの83列車から・・・

Img_9773

EF210-170が定時通過です。この数分前まで西北西の風が強く、対岸が霞むほどの雪でした。(寒~)

Img_9778

隠密さんの拘りもここに紹介されています。

Img_9792

将来、この貨物線と旅客線が分岐する信号所あたりに何か建つようです。これで信号から先が見えなくなります。

Img_9794

久々の対岸です。橋脚の基礎が着々と出来上がっていきます。

Img_9824

EF81-715が牽く4071列車 久しぶりです。

Img_9826

お昼からは雲が無くなり正面がおもいっきり影です。仕方ないですね。

024

20系寝台特急「つるぎ」を牽くEF81-115です。国鉄からJR貨物へと移り、その後改番によりEF81-715となりました。

Img_9838

コキ50000も頑張っています。連番のきれいなコンテナ(V19C通風コンテナ)が見えたのでパシャ

今日はここまで、

本日もご乗車ありがとうございます。

隠密さん、お疲れ様でした ありがとうございました。

| |

« 北海道旅行 | トップページ | KATO ヨ3500(信越タイプ)入線 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

桃ちゃんの定点観察、拝見です。
そして、弊ジオラマをご紹介いだき、ありがとうございます(^^)
おかげさまでリアルで楽しいジオラマの撮影をすることができました(^^)
本当におりがとうございました(^^)

さて、今回の83列車もそうですが、以前も次位のコキが空荷でしたね…。
ちょっと面白いです(^^)

対岸の様子、こうなっているんですね(^^)
後ろのマンションがポイントですね(^^)
これもジオラマにできそうです

それと、河の水の色はグリーン系だったんですね(^^;
弊ジオラマでは空の色が反射しているという設定で青色にしちゃいましたが…(;^_^A

この場所は河口からそれなりに距離があると思いましたが、今回の写真に写っている橋脚の喫水線を見ると、けっこう干満の差があるようですね。
これも参考になりました(^^)

コキ50000、懐かしいです。
信濃国では昨年3月のダイヤ改正で全廃になりましたから…。

投稿: 隠密 | 2014年2月 7日 (金) 09時29分

隠密さん
こんばんは、
こちらこそ、素晴らしい神崎川をありがとうございます。
このポイントは海まで直線で14~15キロメートルくらいだと思います。ご指摘どおり満潮時には水面がかなり上がります。またこの辺りでよく釣りをされています。大きな鯉や時にはボラも上がってくるようです。
またここより数百メートル上流に阪急 千里線があり、この橋脚がおもしろいので記事を貼っておきます。

http://butsuma-tetsudou.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-9404.html

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年2月 7日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神崎川 EF210-170、EF81-715:

« 北海道旅行 | トップページ | KATO ヨ3500(信越タイプ)入線 »