« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

KATO トキ25000/トラ45000 積載用積荷

Img_7856

今日はASSYパーツとしてのトキ25000/トラ45000 積載用積荷です。たくさんの方々が紹介されていますので薀蓄はなしです。

Img_7857

まずトキ25000とトキ15000を比較。若干ですがトキ15000が小さいですね。実車レベルで40㎝弱です。

Img_7859

トキ15000にシートを合わせてみました。1/150スケールでしたら2.6㎜くらいかな、やっぱり余りますね。

Img_7860

でもTOMIXのトラ145000はご覧のとおりでした。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

KATO トキ25000/トラ45000 積荷付 入線

KATOからのトキ25000/トラ45000 積荷付が、それぞれ入線しました。

Img_7853

HPでは「プチリニューアル」とありますが、KATOとしては大きな出来事だと思います。

Img_7854

普通、積荷といえば土管や木材などがTOMIXで表現されていますが、これはシートですよ、シート。積荷は何か分からないですが、なにか積んでいるんです。これ最高ですよ、だって実車がそうですから・・・。土管や木材積んでいる貨車の記憶はありませんが、シートを付けたトキやトラは走っていました。

Img_7855

取り外しは簡単です。貨車の上に載っているだけです。

03_004

ちょっと残念かな・・・

017

まさしくこれです!

026

シートの中は何でしょう?

Mix_016

これは竹?でしょうか。こうして見ると積荷むき出しは結構稀なのかも知れませんね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

神崎川 EF81-735

2月も終わりが近づくと決算前の駆け込みで急ぎの仕事が入りだし忙しくなってきました。しかも3月下旬には仕事場が急遽お取り壊しとなり引っ越すこととなりました。

本日も仕事が長引き83列車が間に合いませんでしたので4071列車を狙いに行きました。

Img_0025

定時通過のEF81-735牽く4071列車です。お天気は良くて暖かかったのですが、PM2.5のせいでしょうか空がすっきりしません。

Img_0028

今日は、吹田から来られていたお兄さん(高校生?)と一緒でした。

Img_0040

帰りに阪急 千里線をパシャリ   新神崎川橋梁と名前は新しそうなのですが、歴史は古く明治時代の国鉄 旧東海道線まで遡ります。

Img_0045

とは言っても鉄橋ではなく、この橋脚です。阪急 千里線の前は国鉄の旧東海道線でこの丸い橋脚はその当時のものだそうです。

治水工事の築堤で線路高が変わったため継ぎ足されたのでしょう。

Img_0044

しかし、高架工事で橋が架け替えられるため、いずれ消える運命だと思います。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

TOMIX JR ED75-700形 (前期型・サッシ窓)入線

Img_7836

TOMIXのJR ED75-700形 (前期型・サッシ窓)が入線しました。

Img_7838

国鉄時代に奥羽本線・羽越本線用として登場した機関車で特高機器が室内にあるため屋根上があっさりしています。

Img_7839

パーツはナンバープレート、メーカーズプレート、列車無線アンテナ、アンテナ取付穴用治具、TNカプラー、ホイッスル・信号炎管、手摺、ヘッドマークとたくさんあります。

ヘッドマークは「あけぼの・日本海・出羽」の3種類です。KATOのようにクィックなら良いのですが、これは両面テープで付けます。

Img_7840

第一エンド側をTNカプラーにします。

Img_7842

次に列車無線アンテナを取り付ける穴をあけます。

Img_7844

治具をこのように当ててピンバイスで0.5㎜φの穴をあけます。

Img_7845

両エンドに穴をあけます。

Img_7846

残りのパーツを取り付けて完成です。ナンバーは「725」を選びました。

Img_7851

サッシ窓もちゃんと表現されています。

Img_7847

いいですねー。あとは300番台と500番台があれば・・・

Img_7848

これでED75シリーズが5両になりましたが、気が付けばKATO製のED75がまだ1台もありません。製品化の数だけみればTOMIXが多いですね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

道明寺天満宮

日曜日は、お天気が良かったのでお昼から梅を見に道明寺天満宮へ行ってきました。

Img_9987

近鉄 道明寺駅が最寄の駅です。ゆっくり歩いても5分くらいで着きます。

Img_9990

天満宮入口の前に五重塔跡があります。

Img_9991

道明寺天満宮入口です。

Img_9992

Img_9993

ちょうど梅盆栽展が行なわれていました。露店も出ています。

Img_9994

「撫で牛」 牛は天神さまの使いと言われています。

Img_9998

拝殿でお参りしていきます。

Img_0001

神楽殿では合気道の奉納試合が行なわれていました。

Img_9996

Img_0002

Img_0005

ほのかな梅の香りを嗅ぐと春ですねー。

Img_0011

続いて天満宮の西隣にあります道明寺へやって来ました。

Img_0013

こちらも本堂へお参りしていきます。

Img_0014

この道明寺は真言宗御室派の尼寺で菅原道真公の叔母がおられたそうです。もともと土師寺と呼ばれ2枚目の写真の位置にあったものが焼失し、その後再興されました。

そして菅原道真公の死後、道真公の号である「道明」に由来して道明寺と改名されました。

Img_0019

狛犬が逆立ちしているような変わった鬼瓦です。

Img_7693

突然ですが、さくら餅です。地方によってはこれを「道明寺」と呼ぶところがあるそうです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

バッテリー充電器購入

超久しぶりに車へ乗ろうと思ったのですが、バッテリーが上がってしまいエンジンがかかりません。いつもは軽自動車とブースターケーブルで対応していたのですが、冬のせいか軽自動車もセルのかかりがイマイチなので思い切って充電器を購入しました。

Img_7827

セルスターのSV-50Tです。

Img_7828

タイマー内蔵なので助かります。しかし、こんな細いケーブルで大丈夫なのでしょうか?

Img_7830

年季の入った車なのですが、バッテリーは2年前に交換しています。使い方ですが赤、黒の順でつなぎ、それから電源を入れます。

Img_7835

電源を入れると右上の充電ランプがつき、アナログ充電メーターの針がレッドゾーンに入ります。充電が進むと針はグリーンへと移動してきます。

4時間充電したあと、軽自動車も1時間充電しておきました。おかげでスターターも一発OKになりました。  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

神崎川 EF81-742

本日は城東貨物線 神崎川でのEF81-742です。

Img_9976

いつもの83列車 桃太郎狙いだったのですが、朝の4070列車が5時間以上の遅れで83列車のスジでやって来ました。新潟からやって来るこの日の4070列車は空コキだらけです。連日のダイヤの乱れの影響でしょうか?

Img_9980

前面は補修されています。JR東からEF510形500番台が来て運用を開始していますので、EF81との世代交代も近いかもしれません。

この後しばらく83列車を待ったのですが、あきらめていつものラーメンに行きました。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

485系 特急「なは」

本日は485系 特急「なは」を紹介します。(1974年)

05_004

大阪駅 1番線で出発を待つクハ481 特急「なは」です。名前の由来は当時、アメリカ占領下にあったオキナワで「沖縄県にちなんだ名前の列車を」ということで選ばれました。(この写真を撮影した時は日本に返還済みでした。)

若い人のために簡単に説明しますが、沖縄県は終戦後アメリカ占領下におかれ日本であって日本でない状態でした。1972年に本土復帰されるまで、オキナワヘ行くにはパスポートが必要、車は右側通行、もちろん健康保険もありませんので病院代は高価だったそうです。私が仕事で沖縄県を担当したのは1982年でしたがまだ左ハンドル車が走っていました。

Pict0026

1982年当時の那覇市内

Pict0035

夜の国道58号線・・・おっと、脱線してしまいました。  

05_005

さて本題に戻りますが、このクハ481はヘッドマークがロール式ヘッドマークに改造されています。赤丸部にクランクハンドルの差込口があり、故障時などは手動で操作できました。因みに黄色矢印はTOMY ED75-513を持ってきてくれた友人のM君です。私の写真ではウォーリーを探せ!のようによく出てきます。

035

鉄道ブームが加熱してきた頃、電車区などに忍び込む不届きな輩たちによってヘッドマークが盗難にあったため、盗難防止の意味で改造されたそうです。上の写真はヘッドマークが盗難にあったと言われた特急「はと」です。蛍光灯がむき出し状態で走っていました。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

城東貨物線 EF210-110、EF81-726

先週は雪の中、遅れで撮影できませんでしたが、本日はバッチリ撮ることが出来ました。

Img_9932

神崎川を定時通過、昼の83列車です。さすがに雪は残っていませんが、北風が冷たくて堪えました。

Img_9934

この場所も工事が始まるのか法面に建築材が運び込まれていました。

Img_9937

そういえば、桃太郎300番台が城東貨物線を走ったという情報がありました。ぜひ、お目にかかりたいものです。  

Img_9948

次に場所を変えて4071列車 新潟行きを狙いました。

Img_9950

ベテランEF81は、まだまだ元気です。

Img_9960

コキ50000もUT7C形コンテナを載せて頑張っています。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

TOMIX EF66-100形後期型 増備

Img_7629

TOMIX EF66-100形後期型を増備しました。

Img_7630

いつものことですが、パンタ以外は申し分ないのですが・・・

Img_7632

パーツはナンバープレート、ホイッスル、信号炎管、手摺、GPSアンテナ、TNカプラーです。

Img_7633

まずは車体をはずします。

Img_7634

Img_7635

TNカプラーに交換です。

Img_7636

もう、お約束ですね。  

Img_7638

次にGPSアンテナの取り付け穴を開けます。0.6㎜のピンバイスを使います。

Img_7639

あとは残りのパーツを付けて完成です。

Img_7640

いい出来じゃあ~りませんか。

Img_7641

でも、よく見るとやっぱり・・・

Img_7642

関節が弱いんです~、カルシウム不足です。しかもクモの巣まで・・・(プラスチックのヒゲ)

Img_7643

思ったとおり反対も・・・

Img_7645

今回はKATO製が欲しかったのですが、未だ再生産されませんので値崩れしたTOMIXをつい買ってしまいました。何度も言いますが、嫌いなのはプラパンタだけです。  

Img_5745

今は無き?赤川鉄橋で女学生とEF66-121。 実は手前には橋上での撮影を遠慮した大勢のおっさんカメラマンが・・・笑いますね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

キハ82

KATOから3月予定でキハ82が再生産されます。HPの『北海道の「おおぞら」から九州の「かもめ」まで』というキャッチフレーズ(古~)を見て過去のライブラリーをあさってみました。

「北海」(函館~旭川) ニセコ駅通過

1hokkai1

1hokkai2

「オホーツク」(札幌~網走) 網走駅

1ohotsuku

「おおぞら」(函館~釧路・旭川) 苫小牧駅

1oozora

「くろしお」(天王寺~新宮・名古屋) 山中渓付近

2kuroshio1

天王寺駅

2kuroshio2

和泉砂川駅

2kuroshio3

天王寺駅

2kuroshio4

「まつかぜ」(新大阪・大阪~博多・鳥取) 大阪駅

3matsukaze1

鳥取駅

3matsukaze2

「かもめ」(京都~長崎・佐世保) 庭瀬付近

4kamome1

4kamome2

「ひだ」は撮ったと思ったのですが、いくら探してもありません。きっと、撮ってなかったんでしょうね。  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

KATO セキ3000(石炭積載・2両入) 増備

本題の前にKATOのASSYパーツ(5月予定分)のスポーク車輪 16個入(28-193 予価 \2,100)とスポーク先輪 8個入(28-194 予価 \1,050)を注文してきました。

スポーク車輪(28-193)は貨物車輌などに使えレトロ感を出すことが出来るそうです。ただし、集電機能が無いそうなのでワフなどには不可だそうです。

また、スポーク先輪(28-194)はD51などのSLやEF15やEF58などのELの先輪として使えるそうです。

発売当初は品切れが見込まれそうですが、車間短縮 ナックルカプラー同様定期的に生産されるようです。

とりあえずはスポーク車輪(28-193)を1セット、スポーク先輪(28-194)を2セット注文しました。

それでは本題です。

Img_7817

KATO セキ3000(石炭積載・2両入)を増備しました。

Img_7813

10両セット上部の空スペースがもったいないのでここに2両入れてみます。

Img_7814

一番下の2両スペースのウレタンでサイズを合わしてみます。もともと7両タイプの流用なので最低でも14両は入るはずです。

Img_7815

けがき線を入れてカッターナイフで切り出していきます。

Img_7818

はい、これで14両セットの出来上がりです。

Img_5625

以前の自作ケース分のセキ3000 16両と合わせると30両編成ができました。KATOのHPによると50両編成で3㍍を超えるそうなので30両でしたら単純計算で1.8㍍くらいでしょうか、コース1周することは無いみたいです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

167系 修学旅行色

雪のためか届くはずの車輌が着ませんでしたのでちょっとガッカリです。

025

本日は1975年の東京駅9番線に到着した167系修学旅行色です。

026

乗客の皆さんが降りてこられました。種別幕が半分「準急」になっています。笑いますね。

027

167系は165系がベースの修学旅行用電車です。修学旅行列車が新幹線に移行し、余剰となった167系は波動輸送用となりました。

028

撮影時は8月でしたので臨時の急行「おくいず」ではないでしょうか。ご覧のように非冷房車なので窓全開状態です。

ラウンドハウスでKATOの165系を塗り替えて出さないかなー  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪の神崎川 他

早朝から降りだした雪が見る見る積もりだしましたので雪の城東貨物線を狙って、いざ出撃です。

Img_9877

Img_9878

阪急 千里線もご覧のとおり。

Img_9881

土手も真っ白・・・

Img_9882

線路も真っ白

Img_9884

定時を過ぎても桃さんは来ない、頭の中も真っ白・・・

Img_9880

青春って、いいなー じゃなくて、撤収~ トホホ・・・雪なので自転車ではなく歩きで駅に向かいます。足元ドロドロー

Img_9889

やっと淡路駅へ到着。大阪でも雪が降るとポイントに融雪カンテラが灯ります。情緒があっていいもんです。

Img_9891

しかし、電車が一向にやってきません。駅の放送がずっと何か言っています。どうやら人身事故のようです。昨夕はこの線(阪急京都線)で踏切事故(車と衝突)があったばかりです。

Img_9892

となりのホーム(右)に梅田発京都 河原町行きの特急が入線しましたが、この淡路駅で運転取り止めだそうです。どうやら事故車のようです。昨日の踏切事故も特急でした。

Img_9893

乗客を降ろした後、正雀への回送となりました。

Img_9897

大阪市地下鉄乗り入れの北千里行きはすぐの発車です。

Img_9902

続いてHM付きの準急です。ところで私が乗る電車がなかなかやってきません。これまた、トホホ・・・

Img_9908

阪急より近鉄のほうが線路の雪が多いような気がします。

皆さんのところは雪、大丈夫でしたか?

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

寝台特急 富士

本日は在りし日の寝台特急「富士」です。撮影は1975年8月の東京駅です。

022

EF65-537に牽かれ17時40分、東京駅13番線へ入線です。これから24時間以上かけて日豊線経由で西鹿児島駅へ向かいます。

023

この年(1975年)の3月ダイヤ改正で20系から24系24形になりました。そして翌1976年10月のダイヤ改正で24系25形に換わりました。ある意味貴重な1枚だと思います。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

神崎川 EF210-173

先週の大雪で24時間以上の遅れも出ていたようで日本列島大変な週末でした。

今週は仕事もヒマになりましたので昨日はお昼休みに久しぶりの出撃です。

Img_9866

定時通過の83列車です。気温が低く寒かったですが、風が無かった分助かりました。

Img_9871

EF210-173といえば100番台のラストナンバーあたりだったのでは・・・?

Img_9873

休み明けのせいか、先頭コキは空荷ではありませんでした。     さて、帰りにいつものラーメンでも食べていきますか・・・と、店に行くとおっちゃん、ひとこと「ごめんなぁー」  何を謝っているのかと思いきやいなり寿司が10円値上げに・・・トホホ

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

阪和貨物線(既出)

まもなく確定申告の時期です。今年も医療費控除を受けるため、朝から1年分の領収書をかき集め集計中です(進行中)。ふぅ~

本日は廃線になった阪和貨物線の写真を再掲します。

30_008

EF52-2

阪和貨物線は関西線と阪和線を結ぶバイパス線として主に貨物列車が運行されていました。

30_011

EF58-66

日本が高度成長期に入った頃、この阪和貨物線と関西線-東海道線を結ぶ城東貨物線を複線化し、大阪外環状線として旅客線になる計画がありました。

30_007

ED60-4

しかし、それは実現することなく、阪和貨物線は全廃され、城東貨物線はおおさか東線として再出発することとなりました。(写真はすべて1974年の撮影)

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

KATO セキ3000/6000 積載用石炭

本題に入る前に書籍を紹介します。

キャンブックスから「国鉄・JR悲運の車両たち」 ~名車になりきれなかった車両列伝~ です。

国鉄・JR悲運の車両たち

国鉄・JR悲運の車両たち
著者:寺本光照
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

内容としては機関車(SL・EL・DL)、気動車、電車、客車と6章に分かれて時代時代で活躍しながら名車と呼ばれなかった理由を紹介しています。表紙がDD54というのが説得力?のある本かなと思い購入しました。

それでは本題のKATO セキ3000/6000 積載用石炭です。

Img_7798

先月発売されたセキ3000のASSYパーツとして積荷の石炭が発売されました。一袋4個入りです。

Img_7799

以前に発売されたセキ3000、セキ6000に使えます。今回、セキ6000に積んだお手製の石炭と交換します。

Img_7800

自作石炭を外しました。

Img_7802

セキ6000にはめるだけ。プラスチックの蓋みたいなものなので軽くて良いのですが、すべて同じ形なのと見た目のリアリティーさが無いのが欠点でしょうか。

あと残った自作石炭をどうしようか考えた結果、トラに載っけてはどうか?

Img_7803

ベースは紙粘土なのでカッターナイフで不要な部分をカットします。

Img_7804

いい感じじゃないでしょうか、ポポンデッタの石炭搭載よりリアルでしょうー。

Img_7805

あと35個も自作石炭が残りました。トラばかり35両も要りませんよね~  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

TOMIX 国鉄客車 オハ50形 入線

Img_7769

TOMIXの国鉄客車 オハ50系が入線しました。今回マニ50形のみ新製品扱いです。前回入線したのが2012年2月でしたのでちょうど2年です。

Img_7771

Img_7772

オハ50形です。

Img_7774

オハフ50形です。このふたつは再生産品なので前回と変わりありません。

Img_7775

ジャンパ栓、ダミーカプラー、車番転写シートはオハフ50形にしか付いていません。

Img_7807

こちらが今回新製品となりましたマニ50形です。

Img_7808

前回製品は窓の格子が無かったので、クレームが殺到して後で別パーツとして無料配布されたという経緯がありました。

Img_7809

前回品です。無料格子パーツを取り付けています。

Img_7810

新旧並べましたが、同じにしか見えません。窓格子を取り付け新製品扱いにして100円値上げしたのでしょうか?謎です・・・  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

KATO DD51 後期 耐寒形 JR貨物A更新 入線

Img_7780

KATO DD51 後期 耐寒形 JR貨物A更新が入線しました。

Img_7781

昨年12月にTOMIXのJR DD51(JR貨物更新車)が入線時、KATO製も欲しくなってどこかに在庫があるか探していたら東京 浅草のホワイトモデルさんに在庫が有ったので即行注文していたのですが、店長さんがご病気とのことでお休みされていました。

2月に入りお店を再開されたとの事で早速送っていただきました。

Img_7782

パーツはナンバープレートとワンタッチで取り外しできるKATOカプラーです。このカプラーは見なくなりましたね。

Img_7783

このシャクレ顎みたいなカプラーは少々かっこ悪いので普通のナックルと交換しました。

Img_7784

Img_7786

良いんじゃないでしょうか・・・。

Img_7788

こちらは列車無線アンテナが初めから付いていますので楽でした。

Img_7787

最終発売が2006年だったと思いますので、よくぞ残っていたなと思います。

Img_7789

TOMIXと比べても遜色無いですね。でも、こういう時に再生産されることが、よくあるんですよね。  

Img_7796

仏間鉄道のDD51たちです。JR貨物新更新車がまだ揃っていません。

Img_7797

5月にはKATOから500番台耐寒形や三つ目が出ますので楽しみです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

中央西線

大阪は夜から雪が降り始め、8日0時過ぎで地面に薄っすら雪が積もり始めました。

Img_7778

2階から フラッシュで雪が分かると思います。寒~  

それでは本題です。

本日は1973年の中央西線 中津川から木曽福島辺り?での写真を紹介します。ただし、列車内(修学旅行の貸切列車)からジャーニーコニカC35で撮影したものでブレ・ピンボケはお許しを・・・  

024

ゼブラのC12-67 まったく関係ないですが、真ん中のタンクの上に人が座っています。

025

D51-192 ナンバープレートが外され手書きです。

026

D51が2両、ピンボケでナンバーが認識できませんが、テンダーに炭(石炭)が載っているので休車ではないようです。

027

D51-245 長野式集煙装置に重油タンクが特長です。

028

スカ色のクハ76とC12-69 D51-125のテンダー部

029

同上 ピントが合っていませんねー。

030

木曽川のどの辺りでしょうか? 右端に「箱桶風呂製造」と看板があります。

031

確か電化直前だったと思います。

033

SLとの離合に生徒たちは興奮気味です。C12-164(有名ですよね)

035

D51-827 中学3年の修学旅行は信州長野でした。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

KATO ヨ3500(信越タイプ)入線

Img_7723

KATO ヨ3500(信越タイプ)が入線しました。

Img_7724

ヨ5000の原形ともいえるヨ3500ですが、その中でもさらに信越本線に拘っています。

Img_7725

ハンドブレーキ側 テールライトが点灯します。

Img_7728

反対側のテールライトも点灯します。あと室内灯も取り付けできるそうですが、いずれ自作の室内灯を取り付けようと思います。

タイミング的にはセキ3000用にしたいと考えています。もちろん、北海道へ移籍されてきたという設定です。  

02007

当時の写真を見てみると車掌車を連結している唯一の写真が、なんとワフ29500でした。ワフ29500もいいかもしれません。  

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

神崎川 EF210-170、EF81-715

今日は本題に入る前にお知らせです。

色々お世話になっています信濃国の隠密さんのブログ「隠密無芸帳2」で城東貨物線 神崎川橋梁が紹介されています。

特長を捉えた最高の出来だと思いますので是非是非ご覧ください。    

それではいつもの83列車から・・・

Img_9773

EF210-170が定時通過です。この数分前まで西北西の風が強く、対岸が霞むほどの雪でした。(寒~)

Img_9778

隠密さんの拘りもここに紹介されています。

Img_9792

将来、この貨物線と旅客線が分岐する信号所あたりに何か建つようです。これで信号から先が見えなくなります。

Img_9794

久々の対岸です。橋脚の基礎が着々と出来上がっていきます。

Img_9824

EF81-715が牽く4071列車 久しぶりです。

Img_9826

お昼からは雲が無くなり正面がおもいっきり影です。仕方ないですね。

024

20系寝台特急「つるぎ」を牽くEF81-115です。国鉄からJR貨物へと移り、その後改番によりEF81-715となりました。

Img_9838

コキ50000も頑張っています。連番のきれいなコンテナ(V19C通風コンテナ)が見えたのでパシャ

今日はここまで、

本日もご乗車ありがとうございます。

隠密さん、お疲れ様でした ありがとうございました。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

北海道旅行

本日は鉄友 じゅげむさんのリクエストにお答えして約40年前、私が高校2年生の夏(1975年)に3人の友人と北海道へSL撮影に行ったお話しを簡単に・・・

1970年以降、国鉄無煙化計画が進み全国的にSLが減少するなか、その勇姿を北海道か九州かどちらかで撮ろうと友人たちと相談した結果、多数決で北海道になりました。

それから1年間、朝刊配達のバイトで10万円貯め、いざ北海道へ・・・

008

入れ替え中の79642(9600) 追分

当時はインターネットなど有りませんので、いろんな本や雑誌で情報を集め、お金を浮かすために周遊券を使って大半が車中泊(夜行)、時々ユースホステルでした。

026

私の記憶ではローカル線のほとんどが、こんな感じで立入禁止の線引きが曖昧でした。今だったら怪我人が出ているかも・・・

034

駅撮りでは係員がいますが、よく見るとその後ろにカメラマンらしき人物が・・・。それでもほとんどの人が横一線に並んで撮っています。(C57-135 たぶん苫小牧駅?)

実はこの北海道旅行の日程表や撮影列車のデータなど、こと細かくノートに書いていたのですが、引越しの間に失くしてしまいました、残念!

020   

当時は北海道ブームで「ゆっくり走ろう北海道」なるシールが流行りました。また、愛国から幸福行きの切符も人気があり、しっかり流行に乗ってきました。

029

それから1972年の札幌冬期オリンピックで一躍有名になった札幌市。その札幌市のゴムタイヤ式地下鉄(南北線)が当時話題になりました。

いやー、こうやって記事を書いていると懐かしい思い出が蘇りますね。

03034

D51-149(栗沢駅?) 撮影ポイントはグーグルマップなどありませんでしたので地図を買って予測で決めていました。

いつも悔やまれるのは撮影枚数が少ないこと。昔は貧乏でフィルム代もバカになりませんでした。白黒フィルムメインで節約のため、チャンピオン映像一発勝負!

いまやデジカメの1000枚、2000枚の画像保存数って驚異的ですね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

近鉄 さくらライナー8両編成

本日は歯の大修理で歯科へ行くため、午前半休を取りました。経年劣化?で前歯4本を入れ替えるため土台作りと仮歯で1時間以上かかり、費用も大枚が飛んでいきました。  

そんなんで朝、時間に余裕がありましたので近鉄 さくらライナー 8両編成を撮ってきました。

Img_9710

日の出が7時前なので夜が明けたて状態です。シャッタースピードを稼ぐためにISOを800にしています。

Img_9713

さくらライナー(26000系)は4両1編成で2編成だけです。

Img_9720

そういえば、この車輌はなかなかN化されません。やはりマイナー過ぎるのかな・・・。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

KATO D51 北海道形 入線

Img_7746

KATO D51 北海道形が入線しました。

Img_7747

KATOのD51は実績がありますのでとくに言うことはありませんね。  

Img_7749

パーツはナンバープレート、重連用カプラー、テンダー用ナックルカプラーです。

Img_7750

ナンバープレートは「320」を選びました。

Img_7757

Img_7759

北海道タイプの特長が細かく再現されています。

Img_7760

前照灯の副灯はかっこいいですね。手摺は若干のオーバースケールですが、これは仕方ありません。

Img_7761

後方から テンダー側ライトの位置の違いも再現されています。

Img_7762

上方から

Img_7763

炭水車(テンダー) カプラーはそのままです。

Img_7764

密閉形運転台の扉です。

04013

これは追分の「767」ですが、乗務員扉がありません。移籍組は改造されなかったのでしょうか?

Img_7767

セキ3000を繋いでみました。

Img_7768

いいですねー。次はギースルが楽しみです。

02003

空のセキを牽く「320」

02004

「320」を選んだ理由はお分かりですね。(追分機関区)

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

KATO セキ3000 入線

KATOのセキ3000が入線しました。

Img_7730

2両入りです。

Img_7745

こちらは10両入りでケース付きです。下にあと2両収納できます。

Img_7731

Img_7732

今までは空荷でしたが、今回から石炭積載になりました。

Img_7735

パーツはハンドル大と小になります。

Img_7737

石炭のはずし方です。そんなに思ったほど石炭は浮き上がりませんでした。

Img_7736

ASSYパーツでこの石炭だけ販売されますので過去のセキに載せることができます。

Img_7739

Img_7740

パーツを取り付けた状態です。石炭の有る無しで重量感が変わります。

Img_7742

左が以前のセキ3000にTOMIXの石炭を積んだものです。擬似石炭はセキ6000でも試しましたが、やっぱりオリジナルがピッタリでいいですね。

001

それと重さです。今回の石炭積載車は9g、以前の自作石炭積載車は12g、やはり極力軽くしたいものです。

019

KATOホームページには“セキ3000を50両ほど連結した2400tの運炭列車”とあります。普通で考えるとD51単機で「えーっ!」なのですが、実は炭鉱から港まで下り坂なんですね。

023

ご覧のように石炭満載で煙ひとつ吐いていません。でも止まる時は大変でしょうね。

明日は間に合えばD51入線予定です。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

城東貨物線 こういう日もあるさ・・・

28日(火)の城東貨物線です。

Img_9664

雨が降るようなお天気ではありませんが、全体が霞んだような空でした。

Img_9668

EF210-164 83列車 お昼休みの楽しみです。でも・・・

Img_9696

29日(水) 昨日とは違い、最高のお天気ですが桃太郎はやって来ず・・・。

30日(木) 朝から冷たい雨が・・・。

Img_9698

31日(金) 雨も上がり3月上旬の暖かさです。カモメたちもいつもより多い気がしますが、やっぱり桃太郎は来ませんでした。

この時期は仕方ありませんね.

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »