« TOMIX TCSパワーユニットN-1001-CL | トップページ | ホキ7000 »

2014年4月28日 (月)

TOMIX TCSパワーユニットN-1001-CL(2)

本日は実際にTOMIXの機関車を常点灯してみました。

Img_8236

まずは線路と接続するためにD.C.フィーダー Nを使います。

Img_8237

線路に接続するとこうなります。

Img_8235

まずふたつのダイヤルを左いっぱいにします。それから赤の矢印のダイヤルをゆっくり右に回し機関車(列車)のヘッドライトなどが点灯し且つモーターが回らない位置で止めます。これでセット完了です。

Img_8243

では実際にセットしてみます。(電源OFF)

Img_8242

明るくて少々見にくいですが、ヘッドライトが点灯しています。

Img_8295

では出力の波形を見てみましょう。

Img_8286

はじめは電圧「0V」(黄色い点線)の状態から・・・

Img_8288

ダイヤルを回すと尖った波形がでます。設定は縦1マスが5.00V(電圧)、横1マスが25.0μs(時間)になります。たとえばこの状態を常点灯の最初の設定時とすると電圧は12Vありますが、連続して出ていないのでモーターを回すほどの電力がありません。しかし、消費電力の少ないLEDなどは点灯させることができます。

Img_8289

それではコントローラーを徐々に右へ回していきます。

Img_8290

これをPWM方式(Pulse Width Modulation)といい、パルス波(ON-OFFの繰り返し)のデューティー比を変化させてコントロールします。

Img_8291

1周期のうち点線の幅が占める比率をデューティー比といいます。

Img_8292

お分かりのように点線の幅が広がっていきます。これでモーターの回転が上がっていきます。

Img_8293

そしてコントローラーを最大にすると横一線(12V)になります。この方式の最大の特長は電圧が変動しないことです。よってマイコン処理しやすいんですね。

講釈はさておき、今回、TCSパワーユニットN-1001-CLを採用したのは写真撮影用にと考えました。いずれ撮った写真を紹介していきたいと思っています。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« TOMIX TCSパワーユニットN-1001-CL | トップページ | ホキ7000 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちゎ
N-1001-CLの紹介、ありがとうございます。
これって、PWM制御だったんですね、知りませんでした(^^;

自作のサイリスタパーワーパックといい、波形スコープ(オシロスコープ?)など、ヒゲオヤジさんは電気方面のプロなんですね。

うちはKATOのスタンダードSしか持っていないので、こういうPWM制御を味わってみたいと思っていますが…なかなか…(^^;

投稿: 隠密 | 2014年4月28日 (月) 07時32分

オオッ!これはオシロスコープですか?
流石はヒゲオヤジさん、コントローラーを自作されるだけあってこれは必要な機材なんでしょうね。
私は身近にオシロスコープを持っている人を知りません。
精々がテスターどまりですよ。(^-^;

仏間鉄道はユニトラックがメインだと思っていましたが、トミックスのレールも導入されたのですか?

投稿: じゅげむ | 2014年4月28日 (月) 12時06分

隠密さん
こんばんはー、
昔取った杵柄といいますか、機器の設置やメンテナンスをしていた時の名残です。
南河内機関区の夜景のヘッドライト用にしようと思っています。

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年4月28日 (月) 20時31分

じゅげむさん
こんばんはー、
若いころ、車いっぱいに機材を積んで西日本を走り回っていました。笑い話じゃないですが、田舎の得意先で修理代の代わりに野菜をもらって帰ったこともありました。

今回TOMIXのレールは撮影用ジオラマにのみ使用しています。本線運行はもちろんKATO1本です。

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年4月28日 (月) 20時39分

こんにちは、
うちはレール一式TomixなのでこのN1001CL2台と
あと運転会ではワイヤレスパワーユニットN-WL10-CLを2台使っています。最後に昔懐かしい緑の5006DXコントローラー2台の計6台です。DXコントローラは高校生の時に買ったやつです。まだ現役です。
ワイヤレスが運転会で便利だと思う事は、例えば脱線事故が起きた時にリレーラーとコンコントローラーの子機を持って現場に出場、車両をレールに載せてその場で復旧します。本体と15m離れても大丈夫です。ただ子機に電池が単3電池4本要ります。付けぱなしで電源切るの忘れると3日持ちませんorz
なので、うちではエネループを使っています。あとこのワイヤレス何も操作せずに10分放置すると車両が自動的に停まります。

投稿: zoyan59 | 2014年4月30日 (水) 17時59分

zoyan59さん
こんばんはー、
N-WL10-CLのデモ用を使わせてもらったことがありますが、コード類がないので使い勝手はよかったです。でも価格もいいお値段したので諦めました。
zoyan59さんは真のTOMIX派ですね。コントローラー6台とは恐れ入りましたー

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年4月30日 (水) 20時53分

こんにちは、
レールをトミックス使ってるだけですよ!
最初に買ったレールもトミックスでしたし。
カトーで始めてたら今頃はDCCに嵌まってるかも知れませんが・・・車両はカトー好きです。半分以上カトーです。www
N-WL10-CLはたまたま特価で安売りしてるところが県内にあったので購入しました。1台¥16000ぐらいでした。
以前オークションで¥13000くらいで出てるの見たことがあります。
常点灯システムって瞬間でも12V出てるんですね。スゲー
停車中でもカトーの客車のLEDとかは点きますけどカトーの機関車ライトは点きません。点くまで上げると動き出しちゃいますね。ww

投稿: zoyan59 | 2014年5月 1日 (木) 17時54分

zoyan59さん
こんばんはー、
ここ仏間鉄道も最初がKATOの線路でしたが、さすがにDCCまでは・・・

KATOの機関車は物によって低速域特性が良すぎて常点灯じゃなくてもヘッドライトが点く前に走り出しますね。

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年5月 1日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOMIX TCSパワーユニットN-1001-CL(2):

« TOMIX TCSパワーユニットN-1001-CL | トップページ | ホキ7000 »