« KATO EF57 1 入線 | トップページ | 地車(だんじり)曳行 »

2014年10月13日 (月)

KATO EF57 1とMA EF57 1

本日はEF57の比較です。

Img_9217

KATO EF57 1(左)と以前入線したKATO EF57 4(右)です。

Img_9219

ウンチクは要りませんね。  

Img_9220

このパンタの位置の違い、両極端でおもしろいです。

Img_9229

保存数の少ない機関車たちは鉄道模型で復活できます。これからもどんどん復活させてもらいたいです。

Img_9221

さてさて、今度は両方EF57 1です。

Img_9223

左がKATO、右がMAです。

Img_9225

パーツ類の若干のスケール違いはあるかもしれませんが、特長はほぼ同じです。ただMAのカプラーはアーノルドしかありませんのでKATOのナックルと交換しています。(手前MA)

Img_9226

大きな違いは屋根色くらいでしょうか、実車で確認したわけではありませんので正誤の付けようがありません。

Img_9228

最近ではKATOも隙間商売を狙っているようですので他社旧型をしばらく見守る事としました。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO EF57 1 入線 | トップページ | 地車(だんじり)曳行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マイクロエースのEF571はテールライトの位置と、屋根上のハッチが2か所残ってるのと、蒸気暖房の安全弁が2本ポチッと出て残ってるのがエラーです。 電気暖房に改造後なのに・・・。

投稿: ほへほへ | 2014年10月13日 (月) 15時55分

ほへほへさん
こんばんはー、
MA製品は粗を探せばキリがありません。皆さん納得の上での採用だと思いますが、私は卒業させていただきました。

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年10月13日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO EF57 1とMA EF57 1:

« KATO EF57 1 入線 | トップページ | 地車(だんじり)曳行 »