« 大阪市交通局66系 | トップページ | KATO ED75 1000 前期形 入線 »

2014年10月19日 (日)

その後の川床

先日紹介しました「台風の爪痕」での川床ですが、どうなったのか散歩がてら見てきました。

Img_9231

これは現場より少し下流の川床です。普段の水深は非常に浅い状態です。

Img_9232

この川床の石はコンクリで固めたものではありません。

Img_9233

現場は正面の白い建物の辺りです。私が子供の頃は、前に見える橋のところぐらいで大きく左に流れていました。その後、この辺りの民家や畑が立ち退きとなってまっすぐな川が作られました。

Img_9235

現場です。右上の排水溝あたりから鯨が横たわっていました。

Dsc_1282

水の力ってすごいですね。

Img_9234

鯨のような石の塊はきれいに撤去されています。これで雨が降っても安心です。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 大阪市交通局66系 | トップページ | KATO ED75 1000 前期形 入線 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その後の川床:

« 大阪市交通局66系 | トップページ | KATO ED75 1000 前期形 入線 »