« 神崎川 4071列車 | トップページ | 神崎川 EF81-723 »

2014年11月19日 (水)

高倉健さん亡くなる

昭和の名優、高倉健さんが亡くなりました。(11月10日83歳没) 年齢的には亡き親父と同世代ですが映画で見る健さんは歳を感じられませんでした。

任侠ものはまったく興味ありませんでしたが、「死んで貰います!」は、その当時の流行語だったと記憶します。その後、「ゴルゴ13」、「新幹線大爆破」と私たちの年代にマッチした映画に登場しました。その頃から高倉健さんの大ファンとなりました。

社会人になってからはビデオやDVDを買い揃え、家族からは「高倉健と金田一耕助しか見ないオヤジ」と言われていました。

ここで私が勝手に選んだ高倉健ベスト3の映画を・・・

Yasei0

第3位「野生の証明」 健さんと競演したい気持ちから自衛隊員エキストラに募集するも書類選考でボツ・・・(笑えるでしょ) 「男は強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない」健さんの名セリフ、覚えています? それから今じゃ薬師丸ひろ子さんもお母さん役ですね。

Tdv15014d_23

第2位「駅 STATION」 健さん、ラーメンすみれの出前持ちになるも・・・

Tdv15014d_21

料金トラブルで射殺って、違いますよ。人質立て篭もり犯人を射殺!

Tdv15014d_24

健さん、三角関係縺れで射殺・・・じゃないです。警官殺しの逃走犯を射殺!

Tdv15014d_31

栄えある第1位は「海峡」 青函トンネルに生涯を捧げた男たち、かっこいい~ 持田 豊さんをモデルとした実話に基づいて作られた映画で「黒部の太陽」と似ています。

Tdv15014d_30

映画のポスターがこのガッツポーズで、これも流行ましたねー

この3つの映画の共通点は自衛隊員、警察官、国鉄マンと公務員なんですね。でも少し普通と違うのが特殊工作隊、オリンピック選手、地質学者と周りより飛びぬけた才能を持つ主人公なんです。だからかっこいいのかも・・・

また健さんは「冬」、「極寒」が似合います。寒さに耐える姿がいいんでしょう、お日様・南国といえば陽気な若大将(加山雄三)のイメージになってしまいます。

なんか、とりとめのないことばかり書きましたが、画面の中の健さんは永久不滅です。これからも健さんの映画を楽しみたいと思います。

健さん、お疲れ様でした。合掌

| |

« 神崎川 4071列車 | トップページ | 神崎川 EF81-723 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいております
私、健さんの亡くなる少し前に「駅STATION」を観ました
居酒屋のシーンがとてもシブくて大好きなのですが、それ以上に
711系やキハ22、そしてキハ40、キハ46(あっ、これもうすぐトミックスからタラコが出ますね)
そしていしだあゆみの乗るED76+61系でしょうか?
続々登場する当時の北海道の車両達の走行シーンも多く、鉄も満足できるいい映画でしたね

投稿: さにょ | 2014年11月25日 (火) 10時35分

さにょさん
はじめまして、
雪の中を走る国鉄車両、いいですよねー。
ある意味懐かしい車両の貴重な映像が入った映画だと思います。

今後ともよろしくお願いしまーす。m(_ _)m

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年11月25日 (火) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さん亡くなる:

« 神崎川 4071列車 | トップページ | 神崎川 EF81-723 »