« 朗堂 30f コンテナ U48Aタイプ 日立物流 採用 | トップページ | TOMIX ゆふいんの森 I 世(更新後)入線 »

2014年12月23日 (火)

KATO 115系1000番台 長野色 LED化

Img_9513

先日、入線しました115系1000番台 長野色のヘッド/テールをLED化しました。

Img_9747

ヘッド用には余っていた円筒型電球色をテール用にはジャンク屋で買った赤色LEDを使用します。

Img_9748

Img_9749

まずはネジを外します。

Img_9750

Img_9751

次にライトユニットを取り出します。

Img_9752

基板から麦球を外します。

Img_9755

赤線の間のプリントをカッターなどで削り取ります。

Img_9756

削り取ったところにチップ抵抗(560Ω)を半田付けします。

Img_9757

最初にヘッド用LEDを半田付けします。LEDには極性がありますので間違えないようにします。もともと付いているスイッチングダイオードは、そのまま使います。今回はLEDの片足にショート防止のためエンパイアチューブを付けています。

Img_9760

点灯チェックです。プラスマイナスを切り替え、片方で点灯すればOKです。点灯しない場合はLEDの極性が間違っている可能性があります。

Img_9763

ヘッド用LEDがOKでしたら基板をケースに戻し、テール用LEDを半田付けします。

Img_9761

そして最終チェックです。テールも点灯すれば完成です。今回、テール用LEDは余剰の赤色を使いましたが、白色LEDでも結構です。

Img_9765

ライトユニットを戻して最終チェックです。前進でヘッド点灯・・・よし!

Img_9764

後進でテール点灯・・・よし! それでは車体を戻しましょう。

Img_9766

まずはテールライトから・・・あれ?

Img_9767

肉眼では分かりませんでしたが、写真で見ると微かに光漏れしています。穴埋めしようか考えたのですが、肉眼で分からないのでそのままにしました。

Img_9768

ヘッドライトもいい感じです。こちらは光漏れもありませんし、肉眼ではもう少し電球色が強調されています。

如何でしょう、麦球をLEDに交換し、チップ抵抗を1個付けるだけでLED化できます。なお、改造においてはすべて自己責任でお願いします。m(_ _)m

185系のとき、コメントいただきました「chaiさん」、今パーツを仕入れている途中なので185系のLED化もう少し待ってくださいね。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 朗堂 30f コンテナ U48Aタイプ 日立物流 採用 | トップページ | TOMIX ゆふいんの森 I 世(更新後)入線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO 115系1000番台 長野色 LED化:

« 朗堂 30f コンテナ U48Aタイプ 日立物流 採用 | トップページ | TOMIX ゆふいんの森 I 世(更新後)入線 »