« かりんとう饅頭 | トップページ | 神崎川 EF81-715 »

2014年12月10日 (水)

播但線・山陰線

腰の痛みが日々治まっていき、かなり楽になってきました。水曜日くらいからまた、神崎川へ出撃したいと思っています。

本日は気動車をメインに貼ってみました。

004

播但線 生野駅での急行「但馬」 近畿圏と山陰を結ぶ主力列車のひとつでした。

024

倉吉駅?での急行(名称不明)。記録データが曖昧ですいません。

025

同じく倉吉駅?でのDF50貨物

026

貨物の横をキハ82系 特急「まつかぜ」が入線です。当時は、鳥取・三朝ミニ周遊券があり夜行列車や自由席を利用すれば格安で旅行できました。

(すべて1976年3月撮影です。)

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« かりんとう饅頭 | トップページ | 神崎川 EF81-715 »

銀塩時代」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
JTB時刻表復刻版昭和末期編から1976-4を引っ張り出して確認しましたのでお知らせします。
1枚目は省略
2枚目は光線の向きを見て判断して
下りなら「美保」か「ちどり」
上りなら「白兎」か「大社」
ではないかと思われます。
行き先によって名称が違うので推測の域から出ません。よって確定できないのが残念です。
4枚目「まつかぜ」は下りの博多行き。大阪8:00発、博多着20:51の長距離列車でした。
注目したいのは3枚目、4枚目のDF50の貨物列車で、機関車の次の車掌車ヨ5000形5123です。「とれいん」1982-5によればヨ5000の新造車の1両で、ヨ3500の改造車ばかりの中で100両しか作られなかった「純粋な」車両でした。
驚くには値しませんが、番号を見て気になりましたので補足した次第です。

投稿: さいとうたいいち | 2014年12月11日 (木) 23時40分

さいとうたいいちさん
こんばんはー、
貴重なデータ、調べていただきありがとうございます。

ヨ5000の歴史まで気にしていませんでした。

投稿: ヒゲオヤジ | 2014年12月12日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 播但線・山陰線:

« かりんとう饅頭 | トップページ | 神崎川 EF81-715 »