« 城東貨物線 神崎川 EF81-735と・・・ | トップページ | 鉄道コンテナ輸送50周年記念コンテナ »

2015年3月22日 (日)

おおさか東線 橋梁工事(5)

おおさか東線 橋梁工事の進捗ですが、いろいろ摩訶不思議なことだらけで、この先どのように工事が進むか楽しみです。

Img_6585

まずは、南岸側の橋脚です。

Img_6821

10日後には足場が取り払われ、ほぼ完成のようです。

Img_6614

それから北岸にはネットに入った大きな石が積まれました。通行人と比較しても分かるように大きいもので人の顔ほどの大きさです。謎がまたひとつ、何に使われるのでしょう?

Img_6663

17日は南岸から見てみました。

Img_6664

鉄橋の横にある大きなクレーンが何やら吊り上げています。色からして鉄橋の部品ではないようです。

Img_6746

翌日ですが、特に大きな変化はないようです。しかし・・・

Img_6824

2日後には鉄橋の上にクレーンが・・・

Img_6825

17日の部品はこのクレーンの足(土台?)だったんですね。でもたった2日で出来上がるなんて・・・。しかもこの先、鉄橋はどう組み立てられるのか不思議ですねー。
来週、どこまで進んでいるのか楽しみです。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 城東貨物線 神崎川 EF81-735と・・・ | トップページ | 鉄道コンテナ輸送50周年記念コンテナ »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

こんばんゎ。
鉄橋観察、お疲れさまです~♪
ネットに入った石…、たぶん川の流れを制御するたのもので、テトラポットの親戚だと思います。

川の中に設置する橋脚の工事に使うと考えます。

トラスの上にクレーン設置、いよいよ橋を先に延ばす準備が始まりましたね(^^)

ところで、この鉄橋、色はグレーのようですが、そうなんでしょうか?

近年は耐候性鋼が使われる場合が多いようですが、この鉄骨の材質は果たして…(;^_^A

投稿: 隠密 | 2015年3月22日 (日) 23時06分

隠密さん
こんにちはー、
今日も神埼川へ行きましたが、橋脚付近をダイバーが潜りクレーンで泥を浚渫していました。隠密さんご指摘どおり石を沈める準備でしょうか。
それから鉄橋の色ですが、光の反射でグレーっぽく見えますが、こげ茶ぽい色でした。材質はわかりませんね。

投稿: ヒゲオヤジ | 2015年3月23日 (月) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおさか東線 橋梁工事(5):

« 城東貨物線 神崎川 EF81-735と・・・ | トップページ | 鉄道コンテナ輸送50周年記念コンテナ »