« 近鉄 鶴橋駅(後編) | トップページ | KATO C62-3 北海道形 入線 »

2017年9月18日 (月)

EF10-24 入線

ホビーセンターカトーから発売されました EF10-24 関門タイプが入線です。

Img_4509

入院前に届いていたのですが、そのままになっていました。

Img_4511

関門トンネルでの塩害防止のために外装をステンレス化されたモデルです。塗装でステンレスを表現するのは難しいですね。

Img_4512

付属品です。HMは「あさかぜ」、「かもめ」ですが、車体がクイックヘッドマークに対応していませんので両面テープなどでの対応になります。

Img_4514

緑のナンバープレートが映えますね。

Img_4516

旧型電機のステンレス色はちょっと異様でいいですね。

Img_7938

こちらは以前に発売されたEF10 3次形です。当時の記事を読み直すとステンレス仕様が出たときのために「24」は空けておくと書いていました。でもすっかり忘れていました。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 近鉄 鶴橋駅(後編) | トップページ | KATO C62-3 北海道形 入線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒゲオヤジさん、こんばんは。

EF10-24 関門タイプの入線、おめでとうございます。

さすがにこのEF10の関門での現役時代は知りませんが、直流ELと後継のEF30とのロコ交換シーンは早朝の下関駅で何度か見たことありましたネ~。
20系ブルトレや10系寝台車主体の夜行急行が沢山走っていた頃、朝の下関は賑やかでしたね。

めっきり目にする機会は少なくなりましたが、今でも機関車の解結交換シーンはこのトシになっても何度見てもワクワクしますネ~♪

一応、ワタシも所有するロコの連結器はKDかマグネティックナックルを(富製ロコも含め)標準装備としておりますが、なかなかデリケートで確実な動作は難しいですね。
こちらの意にそぐわず瀬野八のD52の走行中自動開放みたいなコトが平坦線で頻発しております。ハイ。

投稿: 尾張屋 | 2017年9月18日 (月) 22時44分

>尾張屋さん
こんばんはー、

今では見ることが出来なくなった貨物の突放が好きでしたね。

たしかに「N」のカプラーは微妙ですね。アーノルドが無くならないはずですね。

投稿: ヒゲオヤジ | 2017年9月20日 (水) 19時41分

こんばんゎ。
超マニアックな機関車の入線、おめでとうございます。
すでに市場から消えつつあるとかで、貴重な一台ですね。
ラウンドハウスブランドは再生産してくれないので買いそびれたら最後(;^_^A
ステンレスカラーの旧型電機、なかなかカッコイイですね。
タイプと謳われていますが、充分だと思いますがどうでしょうか。

投稿: 隠密 | 2017年10月 2日 (月) 20時08分

>隠密さん
こんばんはー、
RHの心擽る戦略にいつも買っちゃいます。
KATOに比べて値引きが悪いですがそこはマニアック性が優ってしまいますね。

投稿: ヒゲオヤジ | 2017年10月 3日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF10-24 入線:

« 近鉄 鶴橋駅(後編) | トップページ | KATO C62-3 北海道形 入線 »