« KATO DE10 B寒地仕様 | トップページ | 台風一過 »

2018年9月 4日 (火)

KATO 特急「かもめ」 中期編成 入線

KATO 特急「かもめ」 中期編成が入線しました。
発売され1年以上たちますが、入院やリハビリなどでそのままになっていました。

Img_5370

6両基本セットです。上段には機関車が収納できるようになっています。

Img_5373

こちらが3両増結セットです。

Img_5378

オハニ36、ナハフ11のアーノルドカプラーを付属のナックルに交換します。

Img_5382

これで機関車連結側の見栄えが良くなります。あとは室内灯を取り付け完成です。

Img_5408

サボは「博多行」がきれいに印刷されています。

Img_5383

博多方面 1号車は荷物合造車オハニ36-21

Img_5385

2号車からは青帯の2等スロ54-23

Img_5387

3号車スロ54-24

Img_5389

4号車スロ54-28

Img_5391

5号車は食堂車オシ17-6

Img_5393

6号車から3等ナハ11-1

Img_5395

7号車ナハ11-2

Img_5397

8号車ナハ11-7

Img_5399

9号車ナハフ11-9

Img_5403

1号車9号車には点灯式の行灯(バックサイン)が付いています。

Img_5406

室内灯を組み込むことで夜行列車の感じが増しますね。

Img_5377

あと付属品としてC62用のヘッドマークが付いています。

Img_5422

それから余談ですが、オハニ36に室内灯を付けるため車体を外した時に車内からポロリとバックサインが・・・。組み立て時に紛れ込んだんでしょうか?ちなみにオハニ36の行灯はちゃんと付いています。

19_008

おまけ
私の時代は、さすがに客車ではありませんでした。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« KATO DE10 B寒地仕様 | トップページ | 台風一過 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KATO 特急「かもめ」 中期編成 入線:

« KATO DE10 B寒地仕様 | トップページ | 台風一過 »