« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月14日 (水)

KATO EF200 登場時塗装 入線

昨日は兵庫県上郡町にある爺さまの墓参りに行ってきました。往路は中国道下り宝塚の渋滞を覚悟していたのですが、全くの渋滞なしでした。台風10号接近の影響で外出を控えたせいだと思われ、逆に復路は早めに東へ戻る他府県ナンバーの車で大渋滞でした。
でも台風上陸前に無事墓参りが出来てよかったです。

それでは本題です。

Img_6214

KATO EF200 登場時塗装が入線しました。

Img_6217

実はこの塗色の実車は見たことがありません。

Img_6219

パーツです。KATOにしては多いほうでしょうか・・・(笑)

Img_6223

ただTOMIXと違い、取り付け穴が開いているので助かります。

Img_6224

ナンバープレートは「15」を取り付けました。

Img_6231

実車は21両と少なかった上、近年では大阪以西でしか運用されていませんでした。
力持ちがあだとなった不運な機関車だと思いますね。

Img_6234

今回2両の採用となりました。

Img_6237

「INVERTER HI-TECH LOCO」のロゴがいいですね。

Img_8738

前作のEF200「JRF」ロゴです。

Img_9569

現役時代のEF200です。
2019年3月28日をもって全車運用離脱になったそうです。短命に終わり残念ですね。

Img_8497

2019年3月26日 引退直前のEF200-18です。

Img_0342

こちらは静態保存されている試作車EF200-901の現役時代です。これも今は昔ですね。

本日もご乗車ありがとうございます。 

| | | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

TOMIX JR EF210-100形(105号機) 入線

術後2年が経ち、今日病院で診察を受けてきました。昨日の造影剤CT検査の結果で再発や転移もなく、ひと安心でした。
あと8年、再発・転移が無ければ「大丈夫でしょう」と言う先生の言葉に「その時は70歳かぁ・・・」と内心つぶやく今日この頃です。ハイ(;´∀`)

それでは本題です。

Img_6183

TOMIXのJR EF210-100形(105号機)が入線しました。 

Img_6186 

特定機ですが、側面のナンバープレートは取り付けられていません。

Img_6188

パーツです。TOMIXにしては少ないほうですね。(笑)

Img_6190

まずはカプラーを交換します。

Img_6193

KATOの連結器を取り付けたナックル(左)とTNカプラー(右)です。

Img_6195

第一エンドはKATOのナックルにしました。

Img_6198

少量のボンドを使い、ナンバープレートを取り付けます。

Img_6199

手摺を取り付けて完成・・・いやいや

Img_6201

最後の入魂がありました。

Img_6205

おなじみのKATOのASSYパーツ(3061-1F)です。

Img_6212

入魂の儀式が完了しました!

Img_6206

JRFマークが無く、桃太郎マークだけです。

Img_6210

今回、採用をどうするか迷ったのですが、やはりなじみの深い機関車でしたので採用しました。

本日もご乗車ありがとうございます。

| | | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

TOMIX ファーストカーミュージアム

毎日、暑い日が続きます。
お昼休みに健康のため散歩していましたが、この暑さでは命がけの散歩になりそうなので安全のため、涼しくなるまで散歩は控えることにします。(笑)

さて本題です。

Img_6150

TOMIXのファーストカーミュージアム JR 300系東海道・山陽新幹線「のぞみ」(上)とJR N700A東海道・山陽新幹線「のぞみ」(下)を採用しました。

Img_6153

JR 300系東海道・山陽新幹線「のぞみ」です。

Img_6155

転がり防止用の車輪止めが台車に付いています。

Img_6157

後方は集電できるようになっています。

Img_6160

室内灯はMA製の広幅を使いました。

Img_6163

Img_6164

いい感じです。

Img_6166

こちらはJR N700A東海道・山陽新幹線「のぞみ」です。

Img_6170

こちらも転がり防止用の車輪止めが付いています。

Img_6172

こちらは狭幅の室内灯です。

Img_6174

Img_6178

こちらもいい感じですね。♪
後日、仕事場に飾ろうと思っています。

本日もご乗車ありがとうございます。 

| | | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »