« 最後のEF200とシキ800 | トップページ | 続・京都鉄道博物館(2回目) »

2019年11月24日 (日)

京都鉄道博物館(2回目)

前回からの続きになります。

Img_2000

EF66-35
では車体の下をのぞいてみます。

Img_2222

モーターが目の前で見られます。

Img_2002

次にDD51-756です。

Img_2219

エンジンや液体変速機など普段見ることが出来ないものが見れます。

Img_2003

100系122-5003

Img_2008

EF52-1

Img_2009

キハ81-3

Img_2014

そして「白山色」にラッピングされたクハ489-1です。

Img_2015

ヘッドマークは定期的に変更されるそうで今回は「北越」でした。

Img_2020

クハネ581-35と並んで・・・

Img_2011

500系521-1

Img_2023

ラストは230形蒸気機関車233号機

Img_2022

懐かしいHM群ですね。

Img_2025

2階へ上がってみました。

Img_2029

Img_2030

上からの眺めもいい感じです。

Img_2026

この日は小学生の団体さんが・・・学校行事でここへ来られるなんて羨ましいですね。

Img_2204

特急の愛称幕

Img_2006

最後はダイハツ ミゼットです。
子供の頃、我が家にバーハンドル型のミゼットがありました。懐かしいですね〜。
次回は蒸気機関車を紹介する予定です。

本日もご乗車ありがとうございます。

| |

« 最後のEF200とシキ800 | トップページ | 続・京都鉄道博物館(2回目) »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後のEF200とシキ800 | トップページ | 続・京都鉄道博物館(2回目) »