« 山崎での撮影(昭和幻想編) | トップページ | 幻となったDD200 »

2019年12月13日 (金)

山崎での撮影(続き)

本日は前回の続きになります。

前回よりも曇天で撮影条件は良くありませんでした。

Img_3535

EF210-163(1052列車)ISO-400

Img_3600

EF510-22(4071列車)ISO-400

Img_3642

EF210-140(5071列車)ISO-400

Img_3659

EF66-122(専1881列車)ここからISO-800

Img_3678

EF510-1(3095列車)ISO-800

Img_3701

EF210-148(5064列車)ISO-800

Img_3727

EF510-503(3099列車)ISO-800

ここからはおまけです。ISO-1600

Img_3814

帰りは阪急 大山崎駅から乗車しました。
大山崎駅京都側は向かって左カーブの下り勾配でJR線の下を抜けて交差しています。

Img_3833

大山崎駅は大きなカーブとなり、そのまま大阪方面はほぼ直線となっています。
またすぐ横を新幹線が並走しています。
今から50数年前、東海道新幹線開業前にこの区間の新幹線路線を利用して阪急電車が営業運転していました。
とは言っても一時的なもので新幹線高架を先に作り、そこを利用して阪急京都線の高架工事を進めた結果でした。
大阪では有名な話です。

本日もご乗車ありがとうございます。  

| |

« 山崎での撮影(昭和幻想編) | トップページ | 幻となったDD200 »

ちょっとそこまで・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山崎での撮影(昭和幻想編) | トップページ | 幻となったDD200 »